ASKA

好きな歌詞の抜粋 (2018年5月6日)

CHAGE and ASKAの飛鳥涼さんの私の好きな歌詞を適当に抜粋してみました。
もし刺さるところがあったら、題名を載せておいたので、気が向けばYoutube等で聴いてみてください。多分、気が向かないと思いますが。
If
どんなもしもが 君の未来に
わりこんでも かまわないさ
僕はずっと味方さ
遊星
人は愛を誓うだけの責任なんてどこにもなくて
ずっとこのまま変わらないむずかしさを
夢の儚さと迷いを知ってる
共謀者
瞳をとじて他の女の事 考えながら
恋人との夜を楽しんでりゃいいさ
Knock
負けの込んだ生き方じゃ もがき続けたところで
水に浮かんだアリのようだよ
BROTHER
わかってても やっかいなのは 気持ちなんだ
帰宅
少しくらいは自分のこと なんとかしようと
眠れない朝に出会った あの街の匂いだ
あのころに見た空だ
同じ時代を
いつの日か君や僕を 誰も知らない時がくる
僕たちが昔の人たちを 知らないように
C-46
あの時の約束とは 違うところにいるけど
いつかどこかで 君の幸せに
出会ってみたいと 確かめてみたいと
ずっとずっと 思ってる
月が近づけば少しはましだろう
いろんなこと言われる度にやっぱり 弱くなる
いろんなこと考える度に 撃ち抜かれて
恋人も知らないひとりの男になる
止まった時計
振り向かないで 生きてゆこうよ
きっと きっと 繰り返すばかりだもの
あなたとわたしは
鏡が映したふたりでも
愛する人を 愛したいだけ 愛せる日まで 愛してみる
もしも鏡に悲しい二人が 映っても 浮かんでも
YAH YAH YAH
掴んだ拳を使えずに 言葉を無くしてないかい
傷つけられたら牙をむけ 自分を無くさぬために
今から一緒に これから一緒に殴りに行こうか

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。