Mr.Children

ラヴ コネクション / Mr.Children の考察

ラブコネクション

C調にすると(ダイアトニックコードを赤字表示)

Aメロ

Am, D, F, G

Am, D, F, G

 

Bメロ

E, D

E, G

 

サビ

Am, C, D, F, G

Am, C, D, F, G, A

 

この曲もそれまでのミスチルにはなかったロック色の強い曲調です。

メジャーか、マイナーか曖昧な感じになっています。私の分析では、サビはAmから始まると考えましたが、楽譜サイトを見るとメジャーとなっていました。ボーカルのメロディは、マイナーの音になっており、ブルーノートと考えることもできるようですが、自分としては、マイナーコードと考えた方がしっくりくるかなと思います。

Bメロは転調で3度下がっており、サビで3度上がり元に戻っていると考えています。

 

歌詞の内容は、セクシーな感じですね。

セクシーで一見高飛車そうに見えるけれども、実はメロドラマに涙するような純粋な心を持っている女性と、そんな女性に挑む男という感じですね。女性のどんな事も受け入れるような器の大きい男を演じているように見えるが、実は自身の無さも垣間見えます。

Tell me what you want ,what do you think?いったいどうして欲しいんだい?という歌詞が出てきます。こういうことは男は女性に聞いてはダメだと思いますね。

女性というのは、察して欲しいというか、言わないでも気づいて欲しいと思っていると思います。もしくは、女性自身が考えてもいなかったサプライズが欲しいと思います。女性の感じるポイントを的確に見分ける事、もしくは開発していく事が男の力量だと、個人的には思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。