mixiで投稿した記事

権力 (mixi 2007年2月8日)

もう、4、5年くらいテレビゲームやってないですけど、大学卒業したらWiiでも買ってみようかなと思っています。

僕のゲーム全盛期はプレステではなくて、スーパーファミコンの世代ですね。今よりも、絵は荒いですが、いろいろ工夫されていて楽しかったと思います。

Wiiでゼルダの伝説が出てるみたいなんですが、僕はスーファミ版の『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』しかやったことが無いです。このスーファミ版のゼルダは、いろんなアイテムを駆使しつつ、パズルのようなダンジョンをクリアしていくゲームで、いろんな動きができて楽しかったです。ハートのかけらを全部集めるほど、やりこみました。

ストーリーは、世界に「トライフォース」という(三角形が3つ集まったような形をしてる)ものが1つだけ存在してて、それに触ると、触った人が望んだような世界になるという設定です。で、ガノンという悪党が触ってしまったため、ダークな世界になってしまったのです。それで、心優しい主人公がガノンをやっつけて、トライフォースに触って世界は平和になったとさ、というような話だったと記憶しています(正確には覚えてませんが)。

このゲームをやっていたときは、小学生3,4年生だったと思います。ですので、このストーリーについて何も感じませんでした。まあ、ベタな話だなあと思ってました。

でも、最近思ったのが、このトライフォースってのは世の中にいっぱい存在してるのではないかという事です。当然、本物は存在しないですが、それに似たものは存在してると思うのです。

それは権力です。

権力を持つ人によって、その場の空気やシステムや待遇など、要するに世界が変わると思うのです。

いくら、権力を持つ人の下で働いてる人が、もがいたとしても、その場に与える影響力には限界があると思うのです。やはり、トップの人の影響力が絶大だと思うのです。(革命を起こすのも大変だし。)

会社だったら、社長だろうし、その中の部署だったら部長だろうしね。国だったら、大統領だし、県だったら、知事だと思うのです。そして、研究室だったら教授だと思うのです。

世の中、どれだけのトライフォースが触られるべき人に触られているんでしょうね。結構な割合で、(政治家のような)悪党だったり、(経営不振の会社や、成果の出ない研究室にいそうな)聞き分けのない無能な人間が触ってたりする気がします。

白い巨塔に出てくる里見先生のような人に触ってもらいたいですよ。それじゃあ、甘くて通ってかないのかもしれませんがね。

権力を持つべき人に持ってもらうように、ちゃんと選挙に行くようにしたいと思います。(誰でも、ダメかもしれませんが)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。