ピアノ講座

コード理論講座(第4回)

では、第4回講座では、やっとコードの説明をしていこうと思います。この回が一番重要です。

その前に今までのおさらいです。

-1オクターブには12個の音がある。その中で主に用いるのは7音だけ。

-その7音の並びは半音を1とすると、221 2221の並びである。この並びをメジャースケール(長音階)という。

-ドレミファソラシドを英語の音名でいうと、CDEFGABである。

コードというのは、和音の事です。近すぎる音というのは、不協和音になってしまいます。(例えば、ドとド#みたいな感じ)

そのため、適度に話してあげると綺麗な和音になります。ドレミファソラシドだと、鍵盤1個飛ばしが良いです。

ドミソ、レファラ、ミソシ、ファラドみたいな感じです。

 

皆さん、英語の音名覚えていますか????

まずCは何でしたか?Cはドです。 英語表記のややこしいところは、アルファベットは音名を表しますが、コード名も表すところです。

音名としてのCはドですが、コードとしてのCはドミソです。

 

一番低い音をC(ド)として、1個飛ばしに鍵盤を3つ、4つ弾くとコードになるのです。

まず、3つから始めます。

 

ドミソは、C

レファラは、Dm

ミソシは、Em

ファラドは、F

ソシレは、G

ラドミは、Am

シレファは、Bdim または、Bm(-5)です。

何で、CFGはmが付かず、Dm, Em, Amはmが付いているのか?

あと、dimって何やねんって思ったかもしれません。

 

アルファベットだけのものは、メジャーコードで、mがついているのは、マイナーコードになります。dimはディミニッシュコードと言います。

キーボードや、ピアノなどがある人は引いてみて欲しいのですが、メジャーコードは明るい響きで、マイナーコードは暗い響きと言われており、実際そうです。CFGは明るいが、DmFmAmは暗い響きです。ディミニッシュは不安定な響きです。

では、何がメジャー、マイナーまたはディミニッシュ決めているのかというと、各鍵盤に何個間隔が空いているかということです。

 

 

Cドミソは、ドとミの間は、(ド#レレ#)の3つの音があり、ミとソの間には(ファファ#)の2つの音になります。

Fファラドも、ファとラの間は3半音(ファ#ソソ#)、ラとドの間は2半音(ラ#シ)

Gソシレは、ソとシの間は3半音(ソ#ララ#)、シとレの間は2半音(ドド#)です。

 

Dmレファラは、レとファの間は2半音(レ#ミ)、ファとラの間は3半音(ファ#ソソ#)です。

Emミソシは、ミとソの間は2半音(ファファ#)、ソとシの間は(ソ#ララ#)の3半音

Amラドミは、ラとドの間は2半音(ラ#シ)、ドとミの間は3半音(ド#レレ#)です。

 

つまり、

3半音、2半音の並びはメジャーコード

2半音、3半音の並びはマイナーコード

2半音、2半音の並びはディミニッシュコード

なります。ディミニッシュコードは、たまにしかでてきません。

コードの中で一番低い音をルート音(根音)と言います。

例えば、ミソシの中で一番低い音はミです。

 

今回の絶対暗記ポイントは4つです。

-12個のうちから選ばれた7音のうち、鍵盤1つ飛ばしで3つ弾くとコードになる。(ドミソとか、レファラ等)

-コードの音のうちで、一番低い音をルート音という。

-3半音、2半音の並びはメジャーコードになる。メジャーコードはルート音のみで表す。(例)F  読み方エフ

-2半音、3半音の並びはマイナーコードになる。マイナーコードはルート音にmをつける。(例)Em 読み方イーマイナー

 

ちなみに

メジャーコードは周波数の比が、(例えばドミソは)およそ4:5:6になり、

マイナーコードは周波数の比が、(例えばレファラは)およそ5:6:10になります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。